2006年08月27日

SchoolDaysのBad&Trueエンディング

あそこまでリアルで衝撃的なものって、一般的なPCゲームでは
考えられませんよね。
普通は、とにかく多少の障害をも乗り越えてHAPPYに結ばれるのが
定番ですから。
だって基本的にPCゲームはDreamなのですよ。ドリーム。

ですが、個人的にはこの衝撃的な結末って、私にとってはこちら
の方が現実的。
周囲で似たような状況は良く聞きますもの。
流石に死人が出た事は数件しかありませんが。
でも、友人につきまとっていた女ストーカーがいて、勿論
家に押しかけてきても出ずに無視する日が続いていたある日。
夜中に友人から慌てて
「KIRIKOちゃん!大変!とうとうやっちゃったよあの子。
怖いよ〜、俺もう知らない!!」
玄関前で手首切っちゃったらしい。
とりあえず救急車だけは呼んだらしいけど。それだけ。
だってそれくらいしかする義理はないでしょう?
私のアドバイス通り、彼は夜逃げのごとく引越しました。

後は、以前所属していた事務所の大先輩のモデルさん。
とても美人で情熱的な人でした。
普段はみんなのムードメーカー的存在で私もとても尊敬して
いたし(今でも)その方に頂いたアドバイスは今でも私の中で
生きています。
でもそのいつも楽しい先輩も、時々凄く瞳の奥に暗いものが
見える瞬間があって。
彼女は同棲している彼氏さんがいたのだけれど、彼に捨てられる
くらいなら殺す、と言いました。
他の先輩たちは聞き流していたけれど、私には「本気だ」と
感じられました。その一瞬、あの暗い光が見えたから。
もう音信不通になってしまったけれど、今どうしているのだろう。。。

まぁ愛と憎しみは表裏一体、時には一方的な妄想でも惨事に
なりかねない、というあまり知らなくても良い事なんだけど
身近でそういう話ばかり聞いてきた私にとっては、SchoolDays
の女性たちの思い詰める様子はとても「リアル」だったのです。

ぬまきち先生は本当に女性の事理解してらっしゃるなぁ、と
感心しました。

現実世界ではこういうものですので、皆さん泥沼にはまらないよう
お気をつけあそばせ。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 03:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談

2006年08月21日

SchoolDaysによせて第4弾

今日はダーク(True含む)ED曲「悲しみの向こうへ」
作詞・曲はKIRIKO、編曲はHIKO氏 ボーカルはいとうかなこ嬢

とりあえず暗めの曲調。衝撃的なエンディングで流れたため、
一番印象に残っている、とおっしゃる方も多いはず。

当初、なんとなく暗〜い鬱々した曲を作りかけていたのです。
でもボーカルさんがいとうかなこさんに決定して、サンプルで
頂いた歌声に一聴き惚れ。
なんたるおおらかさ、なんたる包容力!
鬱の要素は皆無。生命力と力強くも優しい、超越した歌声。
前に作りかけていたのは絶対に合わない!ダメダメ!
というわけでゼロから曲を作り直しました。

歌詞の中にはキーワード的に「世界」「言葉」を入れています。
1コーラス目、2コーラス目、微妙に表している状況が違う
のですが、いずれにしろ誰かが三途の川を渡っている頃合いと
想像して頂ければ。
そしてかなこ嬢の歌声は、死者を迎え入れその大きなかいなで
抱きとめる女神のよう。
「悲しみの向こうへ」行ってしまうので、間もなく苦痛からも
解放されるのです。
だから決して悲しい歌ではないのです。

これほどまでにボーカルさんありきで、ボーカルさんの歌声に
インスピレーションを感じて作ったのは初めて。
なにげに自分では一番気に入っている歌です。
この曲が出来たのはひとえにかなこ嬢の存在のおかげ。
かなちゃんLOVE!!

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談

2006年08月18日

SchoolDaysによせて第3弾

今日はメインヒロイン以外のED曲「シークレット(はあと)ザウルス」
詞はKIRIKO、作・編曲は林克洋氏 ボーカルはYURIAさん

とにかく主人公の誠くんが振り回される?エンディング。
でも「特定の一人のキャラ」じゃなかったのでちょっと難しかった。

曲に関してはピチカート・ファイブみたいに楽しくてポップ
なのが良いな〜、とリクエストしたらイメージ通りのもの
が返ってきたので大喜びでした。

林さんと言えば「ギャラクシーフォース」の人。
(と書きつつも私自身はこの↑ゲーム知らなかったりしますが)
ここを見ていらっしゃるユーザーさんには「悠久幻想曲」
シリーズや「Lの季節」「MissingBlue」「D→A」シリーズ
の方が馴染み深いかしら?
ご一緒するのはAPPLEprojectのRUNEさん作品のアレンジCD
「Reincarnation」以来だったので本当に嬉しかったのです。

歌詞については…暴露しちゃうと個人的には小さい女の子を
思い描いていました。心ちゃんみたいな感じの…。
(注:心ちゃんエンディングはありません)
丁度どんな歌詞にしようかなぁ…と考えていた時に、テレビ
で「カードキャプターさくら」の再放送をやっていまして。
さくらちゃんが「いつか大きくなってお兄ちゃんなんか
踏み潰してやる!」みたいなシーンがあってそれがめちゃ
くちゃ可愛くて。体は小さくても気持ちは怪獣みたいに大きくて。
愛しいキモチもこれから伝えたいけど我慢しているヒミツも、
隠し切れないほど大きくなっちゃってます。

YURIAさんの歌声は「ダ・カーポ」のご一緒したCDで聴かせて
頂いた事があったので、あのキュートでパワフルでちょっと
ロリィな歌声はピッタリ!もうYURIAさんしかいない!と思いました。
おかげでもうイメージと寸分変わらない歌声を乗せて頂けました。

ちなみにこの歌、作曲者さまのこだわりで、同じような
フレーズでも微妙に音程が違っています。
歌う時混乱しそうで大変だっただろうなぁ。

これまた余談ですが、YURIAさんも超キレイなお姉さん。
カジュアル・パンク・セレブ、とファッションも音楽と
同じように着こなしちゃう!憧れです。
某音楽集団のメンツと「お姉さんになって欲しい!」と
騒いでいたのは内緒です(内緒になってない)

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年08月16日

SchoolDaysによせて第2弾

今日は言葉ちゃんED曲「hello,my happiness」
詞はRitaさん、作曲KIRIKO、編曲はHIKO氏
ボーカルは橋本みゆき嬢

言葉ちゃんはおしとやかで大人しいイメージだったので
「アップテンポで明るく元気な曲調で」という指定に
驚きました。

言葉ちゃんはあまり流行に敏感じゃなさそう、という
勝手な思い込みで、昔のJ-ROCK風味の曲にしてみました。
歌詞は前々から大好きなRitaさんにお願いしました。
いや、私ってあんまり乙女ちっくな詞を書くのって苦手
なのです。
それ以前にぶっちゃけてしまうと、いかんせんKIRIKOは
シナリオを知りすぎていたがゆえに、言葉ちゃんの
「普通に幸せなED」がすんなりイメージ出来なかった、
という理由もあったりします(苦笑)

曲名は世界ちゃんの「BYE-BYE TEARS」と対になるように、
とRitaさんがつけて下さいました。
しあわせよこんにちは。意味するところは一緒です。
そして言葉ちゃんの名前が歌詞の中にちりばめられています。

曲調がかなり元気なので言葉ちゃんのイメージに合うか
どうかが一番気がかりだったのですが、橋本みゆき嬢の
キュートで甘〜い歌声のおかげで可愛らしく仕上がりました。
みゆき嬢はめちゃくちゃキーが高くて、ディレクターさん
の一声でその場で急遽キー変更。
余談ですが、みゆきちゃん専属?のディレクターさんが
これまた厳しく歌唱指導をなさるので、傍から見てて
ヒヤヒヤしました。
それにしてもみゆき嬢は美人さん!
背が高くってスラッとしてて。
私的に業界で1・2を争う「キレイなお姉さん」です。
「キレイなお姉さんは好きですか?」
『はひはひはひ!大好きです!』(←ミーハーバカ)

ギターはお馴染みSoundUnionのEbi氏。
キー変更があったので結局2度手間取らせてしまいました。
すみません(><)
でも今回も素敵な演奏をありがとうございました!

個人的にはRitaさんがこの曲を歌うのも聴いてみたいなぁ。
きっとその場合はRock'nRollになるでしょう。
言葉ちゃんのイメージとは離れちゃうけどきっとそれも
カッコイイと思うのですよ。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談

2006年08月14日

SchoolDaysによせて第1弾

今日は世界ちゃんED曲「BYE−BYE TEARS」
詞はKIRIKO、作・編曲はHIKO氏 ボーカルはyozuca*さん

なにげに音屋仲間では一番人気な曲です。
特にBメロの進行が懐かしい感じで涙腺に来るとか。
ボーカルのyozuca*さんが本当にビックリするくらい
ご自分の感性をぶつけて下さって、ご自分らしさを昇華
するよう歌いこんで来て下さったんだなぁ、と感激しました。
ちなみに収録前の飲み物のリクエストでは「緑茶」を
ご所望になり、「なんて渋い方なんだろう!」と思って
しまいました(笑)

歌詞は絶対に小説なんて読まないだろうなぁ、という
雰囲気の世界ちゃんにフランソワーズ=サガンの
「悲しみよこんにちは」をぶちあててみました。
曲タイトルはこれに対抗して「悲しみよさようなら」
って感じです。
世界ちゃんはきっと読みかけて「やーめた」って本を
投げ出すでしょう。
でも「悲しみよこんにちは」に描かれている少女性、
少女ゆえの残酷性、気まぐれさ、自分でも制御不可能
な感情、両極端に揺れ動く乙女心、そして罪。
なんだかとても世界ちゃんとタブる気がしました。
夏の終わりに読むと結構心にズンと響く作品ではないかと
思います。
世界ちゃん好きのユーザーさんなら理解出来るかも
しれないので、未読の方は読んでみてはいかがでしょう?
でもやっぱり女性じゃないとわからないかなぁ。。。

奔放すぎる世界ちゃんの事を好きになれない人は
読まない方が吉です(^^;)

「Little Promise」のドラマCDでも感じたのですが、
「ああ、世界ちゃん、あんたって子は〜(><)」!
昔から性格変わっていないんですよね。
現実にもたまに見かけます。
愛され体質とでも言いましょうか、誰しも好きにならず
にはいられない人。
そういう人に限って自分が「愛され体質」って事に
気づいていないんですよね。それが罪でもあるのだけど。

個人的には世界ちゃんとはお友達にはなりたいけど、
振り回されるのは嫌だなぁ。
そういう意味で刹那ちゃんはすごいです。偉いです。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 08:35| Comment(7) | TrackBack(1) | 雑談

2006年03月30日

ダジャレ魔

HIKO氏はダジャレ魔である。
仲良し音屋のManackさんのダジャレ王っぷりも凄いのだが、
HIKO氏だって相当なものなのである。
ただし、HIKO氏の場合人見知りな性格ゆえに、あまり人前では
披露せず、気の置けない間柄の者の前でと限られているせいか、
必然的に私が被害(?)を受ける確率が高いのも事実であり。

〜ある日のHIKO氏〜
HIKO『きりこちゃ〜ん、カッターなかったー?』
KIRIKO「ペンスタンドにあるんじゃないですか?」
HIKO『カッターなかったー?』
KIRIKO「ペン立てになかったらHIKOさんどっかやったんでしょ」
HIKO『カッターみつかったー!』
KIRIKO「ああ、良かったですねー」
HIKO『カッターなかったー!』
KIRIKO「何?今あったって言ったじゃん(ムカ)」
HIKO『カッターみつカッター!カッターなカッター!』(ジタバタ)

そこまで来てやっとダジャレを言いたかったのだと気づく鈍な
KIRIKOなのであった。
結局私相手ではボケもツッコミも期待出来ないので、
最近のHIKO氏はひとりでツッコミを入れる。

〜昼食サラダ〜
HIKO『サラダが乗ってるのな〜んだ?』
HIKO『皿だぁ!』
HIKO『ピシピシッ!』(何故か私を叩く真似をする)

何故私がピシピシ叩かれなければならないのか謎なのだが、
あまり深くは考えないようにしている。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談