2006年03月30日

ダジャレ魔

HIKO氏はダジャレ魔である。
仲良し音屋のManackさんのダジャレ王っぷりも凄いのだが、
HIKO氏だって相当なものなのである。
ただし、HIKO氏の場合人見知りな性格ゆえに、あまり人前では
披露せず、気の置けない間柄の者の前でと限られているせいか、
必然的に私が被害(?)を受ける確率が高いのも事実であり。

〜ある日のHIKO氏〜
HIKO『きりこちゃ〜ん、カッターなかったー?』
KIRIKO「ペンスタンドにあるんじゃないですか?」
HIKO『カッターなかったー?』
KIRIKO「ペン立てになかったらHIKOさんどっかやったんでしょ」
HIKO『カッターみつかったー!』
KIRIKO「ああ、良かったですねー」
HIKO『カッターなかったー!』
KIRIKO「何?今あったって言ったじゃん(ムカ)」
HIKO『カッターみつカッター!カッターなカッター!』(ジタバタ)

そこまで来てやっとダジャレを言いたかったのだと気づく鈍な
KIRIKOなのであった。
結局私相手ではボケもツッコミも期待出来ないので、
最近のHIKO氏はひとりでツッコミを入れる。

〜昼食サラダ〜
HIKO『サラダが乗ってるのな〜んだ?』
HIKO『皿だぁ!』
HIKO『ピシピシッ!』(何故か私を叩く真似をする)

何故私がピシピシ叩かれなければならないのか謎なのだが、
あまり深くは考えないようにしている。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/512953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック