2006年08月18日

SchoolDaysによせて第3弾

今日はメインヒロイン以外のED曲「シークレット(はあと)ザウルス」
詞はKIRIKO、作・編曲は林克洋氏 ボーカルはYURIAさん

とにかく主人公の誠くんが振り回される?エンディング。
でも「特定の一人のキャラ」じゃなかったのでちょっと難しかった。

曲に関してはピチカート・ファイブみたいに楽しくてポップ
なのが良いな〜、とリクエストしたらイメージ通りのもの
が返ってきたので大喜びでした。

林さんと言えば「ギャラクシーフォース」の人。
(と書きつつも私自身はこの↑ゲーム知らなかったりしますが)
ここを見ていらっしゃるユーザーさんには「悠久幻想曲」
シリーズや「Lの季節」「MissingBlue」「D→A」シリーズ
の方が馴染み深いかしら?
ご一緒するのはAPPLEprojectのRUNEさん作品のアレンジCD
「Reincarnation」以来だったので本当に嬉しかったのです。

歌詞については…暴露しちゃうと個人的には小さい女の子を
思い描いていました。心ちゃんみたいな感じの…。
(注:心ちゃんエンディングはありません)
丁度どんな歌詞にしようかなぁ…と考えていた時に、テレビ
で「カードキャプターさくら」の再放送をやっていまして。
さくらちゃんが「いつか大きくなってお兄ちゃんなんか
踏み潰してやる!」みたいなシーンがあってそれがめちゃ
くちゃ可愛くて。体は小さくても気持ちは怪獣みたいに大きくて。
愛しいキモチもこれから伝えたいけど我慢しているヒミツも、
隠し切れないほど大きくなっちゃってます。

YURIAさんの歌声は「ダ・カーポ」のご一緒したCDで聴かせて
頂いた事があったので、あのキュートでパワフルでちょっと
ロリィな歌声はピッタリ!もうYURIAさんしかいない!と思いました。
おかげでもうイメージと寸分変わらない歌声を乗せて頂けました。

ちなみにこの歌、作曲者さまのこだわりで、同じような
フレーズでも微妙に音程が違っています。
歌う時混乱しそうで大変だっただろうなぁ。

これまた余談ですが、YURIAさんも超キレイなお姉さん。
カジュアル・パンク・セレブ、とファッションも音楽と
同じように着こなしちゃう!憧れです。
某音楽集団のメンツと「お姉さんになって欲しい!」と
騒いでいたのは内緒です(内緒になってない)

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1132390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック