2006年08月14日

SchoolDaysによせて第1弾

今日は世界ちゃんED曲「BYE−BYE TEARS」
詞はKIRIKO、作・編曲はHIKO氏 ボーカルはyozuca*さん

なにげに音屋仲間では一番人気な曲です。
特にBメロの進行が懐かしい感じで涙腺に来るとか。
ボーカルのyozuca*さんが本当にビックリするくらい
ご自分の感性をぶつけて下さって、ご自分らしさを昇華
するよう歌いこんで来て下さったんだなぁ、と感激しました。
ちなみに収録前の飲み物のリクエストでは「緑茶」を
ご所望になり、「なんて渋い方なんだろう!」と思って
しまいました(笑)

歌詞は絶対に小説なんて読まないだろうなぁ、という
雰囲気の世界ちゃんにフランソワーズ=サガンの
「悲しみよこんにちは」をぶちあててみました。
曲タイトルはこれに対抗して「悲しみよさようなら」
って感じです。
世界ちゃんはきっと読みかけて「やーめた」って本を
投げ出すでしょう。
でも「悲しみよこんにちは」に描かれている少女性、
少女ゆえの残酷性、気まぐれさ、自分でも制御不可能
な感情、両極端に揺れ動く乙女心、そして罪。
なんだかとても世界ちゃんとタブる気がしました。
夏の終わりに読むと結構心にズンと響く作品ではないかと
思います。
世界ちゃん好きのユーザーさんなら理解出来るかも
しれないので、未読の方は読んでみてはいかがでしょう?
でもやっぱり女性じゃないとわからないかなぁ。。。

奔放すぎる世界ちゃんの事を好きになれない人は
読まない方が吉です(^^;)

「Little Promise」のドラマCDでも感じたのですが、
「ああ、世界ちゃん、あんたって子は〜(><)」!
昔から性格変わっていないんですよね。
現実にもたまに見かけます。
愛され体質とでも言いましょうか、誰しも好きにならず
にはいられない人。
そういう人に限って自分が「愛され体質」って事に
気づいていないんですよね。それが罪でもあるのだけど。

個人的には世界ちゃんとはお友達にはなりたいけど、
振り回されるのは嫌だなぁ。
そういう意味で刹那ちゃんはすごいです。偉いです。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 08:35| Comment(7) | TrackBack(1) | 雑談
この記事へのコメント
初めまして。おじゃまいたします。

先日、月陽炎というゲームをプレイしまして、
(今更ですが^^;)そのOP、EDの歌声に感動し、ついつい情報を検索し
ここに辿りつきました。
綺麗で、広がりのある歌声、すばらしいです。

拝見したところ、様々なところでHIKOさんとご活躍されているそうなので、これから色々と楽しませていただこうと思ってます。

応援しております。がんばってください!
Posted by ポケット at 2006年08月14日 23:11
>ポケットさま
コメントありがとうございます!
月陽炎ですか、懐かしい!
芋けんぴを探したくなりますよね(笑)
歌は作品ごとに雰囲気が違いますが、歌に楽曲制作に、地道に活動しておりますので見(聴?)かけた際には応援してやって下さいませ(^^)
Posted by KIRIKO at 2006年08月15日 15:07
けーしただ%つ ば さといいます。
KIRIKO さん、こちらでははじめまして。

自分は「Still I Love You〜みつめるよりは幸せ」(School Days) や「袴墓まで」(愛のメイドホテル物語)、「ひだりてみぎて」(いたいけな彼女)、「星空の彼方」(結い橋 P.R.O.つめちゃいました!)などから入った KIRIKO さんファンです。
話題の『月陽炎』は、まだ未プレイですね。

School Days では、どうしても言葉さんがかわいそうなことになるエンディングが多いような気がしています。でも誰とでもすぐ仲良くなれそうな、世界の魅力は捨てがたいですね〜。

「Still〜」の「みつめるよりは幸せと/自分についた嘘が騒ぐ」「情けないほどに愛してる/やり場のない情熱だけ残った」という一節がとてもリアルで好きです。

これからも、お体ご自愛の上、音楽活動がんばってください。
Posted by けーしただ%つ ば さ at 2006年08月15日 18:45
おお、コメントできてました。
昨日見たら、コメント0件のままだったので、
てっきりできないものかと…。よかったです。

月陽炎、数年たった今でも楽しめて、感動
できるいい作品ですよね。やはり、良いものは
時を経ても色褪せないんですね。

けーしただ%つ ば ささん、初めまして。
月陽炎、お勧めですので是非!
オープニングの曲とか、ほんとに綺麗で
素敵です。まずあれで、KIRIKO さんのファン
になりました。

これから早速KIRIKO さんとHIKOさんの曲を
堪能させていただきます。
連日お邪魔してしまい、すみませんでした。
でわ♪
Posted by ポケット at 2006年08月15日 22:23
>けーしただ%つばさ様
書き込みありがとうございます。
言葉ちゃんも世界ちゃんもとても良い子です。
ただ人間思いつめると怖い。。。
OP曲はふたり+私個人のリアルな感情が入っていますので、黒さ(?)もひとしおですが、たまには自己投影も良いかなぁ、なんて。
「月陽炎」も萌えるけれど悲しいお話。。。
お勧めですよ。

>ポケット様
強いて「月陽炎」と傾向の似た曲を挙げるとすれば、SchoolDaysのOP曲やブランド「ネル」さんの作品でしょうか。
個人的に仁村センセーの絵には惚れ込んでおります。萌え〜。
更新遅いサイトですが、たまに見てやって下さい。
Posted by KIRIKO at 2006年08月16日 09:17
>ポケットさん
> けーしただ%つ ば ささん、初めまして。
> 月陽炎、お勧めですので是非!
> オープニングの曲とか、ほんとに綺麗で
> 素敵です。まずあれで、
> KIRIKO さんのファンになりました。

いまスタジオみりすのウェブサイトに行って
short version を聴いています。この曲
(『月陽炎』) シリアスだけど旋律がきれい
でいいですね。ご紹介ありがとうございます。

積みゲーにしていた Clover Heart's の
『たとえば』『坂道』も KIRIKO さんですね。
作風の広さが KIRIKO さんの魅力なんだと
再認識しました(^^)。

サントラ出てたら買おうかな。
Posted by けーしただ%つ ば さ at 2006年08月16日 18:48
>けーしただ%つばさ様
月陽炎、EDの2曲もまた雰囲気が違って素敵ですよっ。
クロハも、各キャラのEDソングという事で、声優ではないなりに、歌でもキャラクターの個性を出せるように頑張りました。
クロハの双子ちゃんも性格は正反対ですがどっちも可愛い子なのです。
Posted by KIRIKO at 2006年08月18日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1115832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[メモ] ’School Days’ の主題歌について、KIRIKO/HIKO Sounds が公式コメント。
Excerpt: ’School Days’の関連書籍や音楽 CD で、現在入手できるものはほぼすべて*1買ったのだが、音楽・主題歌についてのメイキングや解説などをした本は見つからなかった。クリエイターさんが直接、各..
Weblog: trueonline’s diary.
Tracked: 2006-08-16 14:44