2006年10月28日

ポップコーンの罠(><)

これを罠と言わずして何と言いましょう!

昨夜はとあるアニメ映画を観るために隣町の映画館へ。
お腹も空いていたし、夕食代わりになれば…とレギュラーサイズ
のポップコーン(バターシロップかけー)を注文。
そして、出されたものを見て硬直。ウソっ!?
だってこんなんだったんですもの。
写真だと比較物がないのでわかりにくいのですが、はっきり言って
カップではなくバケツ。。。
いくらなんでも食べきれない。。。

でも味は良くって食べ始めたらやみつき。
おそらく1時間以上パクパク食べていたと思います。
気づいたら2/3以上食べてた(・・)
さすがにお腹がいっぱいになってきたのと、顎が疲れてきたので
食べるのを止めてバケツを抱えたまま映画鑑賞終了。
普通に楽しかったなぁ。。。と思いつつ帰宅した途端。

うう、お腹が、お腹がぁ。。。
痛いんじゃなくてパンパンに膨れて苦しい。
胃もたれとか吐き気とかじゃなくて、単純に膨満感。
あうあう、ポップコーンってお腹に入ってから膨張するのですか?
ポッコリお腹、どころではなく、風船のようにはちきれそう。
お腹が破裂しちゃいそうだよー、頭痛いよー、と歯磨きもせずに
ベッドへ直行。

朝になってもお腹がへこまなかったらどうしようかと思いましたが、
起きたらすっきり元通りに。…良かった(−−)

ワーナーマイカルシネマズでポップコーンを注文される際には
くれぐれもお気をつけ下さい。
レギュラーサイズでバケツですから。アメリカンだなぁ。
バターシロップは手がベタベタになりますが美味しいですよぉ!

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 18:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月14日

私の美的感覚って…

おかしいんでしょうか(汗)

昨日も昨日とてフェイシャルの日〜。
毎週楽しみにしているお姉さんとのお喋りタイム。
話題はもっぱらテレビドラマやタレントさんの事。
私は芸能関係の事には疎いので、お姉さんとのお話は
貴重な情報源だったりします(笑)

で、丁度フルーツの話題から、先日放送が終わった
花嫁は厄年ッ!」(桃園が舞台のドラマだったの)の話題になり、
「あのドラマの(ヒロインの)相手役の矢部さんって
お笑い芸人さんだったんですね〜。カッコイイからてっきり
俳優さんだと思ってました。」
なんて言ったら
「ええっ!?ナイナイ(ナインティナイン)を知らないの?
じゃあ岡村さんって相方の人は?わからない?小さい人でぇ〜、
何かの飲み物のCMで踊ってましたよ。ほら、梨花ちゃんも出演
してた飲み物のCMで…。知らない?
へぇ〜、本当に疎いんですねぇ。
それにしても矢部さんがカッコイイなんて…
カッコイイとは言えないと思いますけどぉ…」
と(てんてんてん)

とりあえず終わった足でスタジオに寄ってHIKO氏に聞いてみる私。
「ねぇねぇ、ナイナイの岡村さんってどんな人?」
『小さい人〜。炭酸飲料のCMで踊ってたじゃん』
(なんともズバリお姉さんと同じ事言うなぁ)
なんとなくイメージが沸いては来るのですが、結局「爆笑問題」の
太田さんになってしまう。。。

「あのね、矢部さんカッコイイって言ったらお姉さんに呆れられたの」
『え〜、カッコ…イイとは思えないけど…』
「そうなのそうなの!?背高いし優しそうやし素敵やん!」(何故か関西弁)
『お笑い芸人、って先入観が無ければそう見えるのかもね(^^;)』

ふーんだふーんだ。
さっきネット検索して岡村さんの顔もわかったもんねー。
つーか、見た事あるよこの人。
要するに顔は知ってるけど名前まで知らないタレントさんが
いっぱいいるって事ですね。
ついでに二人が言っていた飲料はキリンの「NUDA」だ!

ひとつ物知りになりました(笑)

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月01日

年内発売の収録終了〜

お久しぶりのKIRIKOです。
怒涛の収録ラッシュが終わって任務終了!な感じで呆けていました(笑)
年内発売の作品は多分これで終わり…だと思います。
まぁ来年発売のものの作業とかは残っているのですが、
自分的にひとつ区切りがついて「よぉし、遊びまくるぞ〜」といった気分。

ウィスパー系が続いたり、譜面が収録直前に届いたり、と
振り返ると本当にみんな崖っぷちだったんだなぁ(^^;)
いや、ウィスパー系はデフォルトの3倍くらい体力を
消耗するのであります。
私が普段硬質な地声だからかと思っていたら、先日
他のボーカルさんのお話を聞く機会があり、基本が裏声の
発声の方でもウィスパーとなると息が続かなくて収録が
大変だったと伺って「私だけじゃないんだ!」とちょっと
安堵したりもしました。

最後の収録は初めての場所(サウンドさんのご自宅)だったので
大変緊張してしまいました。
普通のマンションの一室だったので、声を出すのがとても怖かったです。

何故って?
KIRIKO家は転勤族でしたが、私が生まれてからずっと常に
集合住宅の上層階に住んでいたのです。
近所に神経質な住人がいると、それこそ「足音がうるさい」
だの「水の音がうるさい」「声がうるさい」果ては
「食事の時の食器の擦れる音がうるさい」
(↑相手の方が異常だと思う)などとクレームをつけてきたり、
嫌がらせで壁だの干してあるお布団をしつこく叩いて来る人も
いて、親もノイローゼ気味に。

なのでKIRIKO家では幼い頃から「音を立てないように」行動する
ようしつけられました。
ドアの開閉はそ〜っと。歩く時は忍び足で。話す時は小声で。
今でも夜11時以降は入浴・シャワー禁止です。
そんな神経質な環境で育ったため、防音されていない場所で
歌うのは本当に恐怖なのです。
幸いというか、静かではないけれど激しすぎる感じでもない
曲だったので、MAXの65%くらいの音量でしたが、やっぱり
後でサウンドさん嫌がらせされないかしら(過去に怒鳴り
込まれた事があるらしい)と怖くて仕方なかったです。
というか、あの後大丈夫だったかなぁ。心配。

その日は運悪く、京葉線の事故の煽りで往路に3時間かかり
グロッキー。
後でテレビの報道を見て、本当に多くの人に影響を与えた事故
だったのだな、と驚きました。
実は内心、帰りにディズニーランドに寄りたいなぁなんて考えて
いたのですが、お客も行けないだけでなく従業員さんも職場へ
辿り着けなかったんですね(><)
稼動出来ないアトラクションもあったとか。
なんだか今年は電気関係のトラブルで都会が大混乱に陥る
ケースが多かった気がします。
まぁディズニーランドはまたの機会に。。。
ディズニーシーってまだ行った事がないので行ってみたいなっ。

どうでも良いのですが、私があまりにも静かに気配もなく
行動するものですから、良く「忍者の素質あるよ」と
言われます(笑)
いや、気配は消せても肝っ玉小さいから無理ですって。

/KIRIKO
posted by KIRIKO/HIKO at 02:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記